静岡知事選

「4選」川勝氏、リニア水問題「託された。解決の道筋付ける」 岩井氏「私の実力不足」

静岡県知事選で早々と当選確実となり花束を掲げる川勝平太氏=20日午後8時半ごろ、静岡市葵区(田中万紀撮影)
静岡県知事選で早々と当選確実となり花束を掲げる川勝平太氏=20日午後8時半ごろ、静岡市葵区(田中万紀撮影)

20日に投開票された静岡県知事選で、無所属現職の川勝平太氏(72)が、無所属新人で元参院議員の岩井茂樹氏(53)=自民推薦=を破る4度目の当選を早々に確実にし、陣営関係者らを前に信任に感謝しつつ深々と頭を下げた。連合静岡の推薦と立憲民主、国民民主の支援、共産の自主的支援を受けた川勝氏と、同県知事選で12年ぶりとなる自民党本部推薦を得た岩井氏との実質的与野党対決の構図の下、川勝氏は3期12年の実績を強調。争点に据えたリニア中央新幹線工事に伴う大井川の水問題でも支持を集めて、「刷新」を訴えた岩井氏を寄せ付けなかった。

投票終了直後の午後8時ごろに「川勝氏当選確実」の報が伝わると、川勝氏陣営の静岡市内の会場は関係者の大きな拍手に包まれた。川勝氏は、笑顔で肘タッチと万歳を繰り返したのちあいさつのマイクを握り、「4期目のご奉仕をする光栄に浴した。県民のための知事を選ぶか、ある党派のための代表を選ぶかという選択だった」と総括。「ポスト東京時代に『富国有徳のふじのくに』を作っていきたい」と4期目の決意を語った。

選挙戦で「危機の時にリーダーが代わっては現場が混乱する」とし、4期の〝多選〟批判を牽制(けんせい)して継続の必要性を訴えた川勝氏。あいさつでも早速、「今はコロナのまっただ中。11月までに希望者にワクチンを接種できるよう陣頭指揮をとる」と強調して、全国で下位にとどまる接種率への不安の払拭(ふっしょく)に努めた。

最大の争点に据えた、リニア工事に関して「水問題は地球全体の問題で、私はこれを託されたと思っている。しっかり解決する道筋を付ける」と語り、激しく批判しているJR東海や国との協議で今後、一定の結論を導き出していくとの考えを示した。

選挙戦では3期12年の実績も列挙。活発に全県を回り、終始、優位に進めた。