ミャンマーの平和祈願 帰国拒否選手、大阪・池田の寺で涙も 22日に難民認定申請へ

仏日寺の本堂で手を合わせるピエ・リヤン・アウン選手(左)=20日午前、大阪府池田市
仏日寺の本堂で手を合わせるピエ・リヤン・アウン選手(左)=20日午前、大阪府池田市

5月の千葉市でのサッカー・ワールドカップ(W杯)予選でミャンマー国軍への抵抗を3本指のポーズで示し、帰国を拒否した同国代表のピエ・リヤン・アウン選手(27)が20日、大阪府池田市の寺を支援者とともに訪れ、母国の平和を祈願した。読経の最中に涙を浮かべ「(母国の)家族に会いたい」と語った。

支援する弁護士によると、22日に大阪出入国在留管理局(大阪市)に難民認定を申請する方針。20日は国連が定めた「世界難民の日」で、クーデターを2月に起こしたミャンマー国軍の軟禁下にあるアウン・サン・スー・チー氏が19日に76歳の誕生日を迎えたことも合わせ、池田市の仏日寺(黄檗宗)を訪れた。

同選手は報道陣に「母国のことを思い出して涙が出た。一日も早く平和が訪れるよう祈った」と話した。