ソウルからヨボセヨ

金メダルの歪曲 マラソン孫基禎をめぐるイチャモン

1936年ベルリン五輪のマラソンで、トップでゴールする孫基禎さん
1936年ベルリン五輪のマラソンで、トップでゴールする孫基禎さん

日本オリンピックミュージアム(東京都新宿区)の「歴代日本人金メダリスト」の展示に、1936年のベルリン五輪でマラソン金メダリストになった孫基禎(ソン・ギジョン)が入っているのはおかしいと韓国がイチャモンをつけている。

朝鮮半島は当時、日本統治下にあり韓国人は対外的には日本国籍だった。孫選手も日本選手団に選ばれ胸に日の丸を付けて出場し、優勝してスタジアムに日の丸を揚げた。当然、国際オリンピック委員会(IOC)やベルリン五輪を記念するドイツの公式記録、記念物では孫選手の国籍は今も「日本」になっている。それが歴史的事実だからだ。

韓国人はその〝事実〟が気に食わない。昔からIOCに国籍変更を要求し、韓国の国会議員がベルリンに出かけ記念施設の孫選手の記録から「日本」を勝手に削りとって問題になったこともある。孫基禎をめぐるこうした民族的鬱憤晴らしは、孫選手が金メダルを取った当時、韓国の新聞が胸の日の丸を消した写真を掲載した〝日章旗抹殺事件〟がルーツである。

韓国では「歴史の正しい立て直し」といって現在の観点から過去を裁き、事実を変えたり消したりすることがよくある。日本の五輪ミュージアムもそんな韓国人見物客の〝愛国パフォーマンス〟に要注意ですよ。(黒田勝弘)