人気ゲームのデータがEAから大量流出、ハッキングの次に起きる深刻な“二次被害”の中身(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

人気ゲームのデータがEAから大量流出、ハッキングの次に起きる深刻な“二次被害”の中身

大手ゲーム会社のエレクトロニック・アーツ(EA)がハッキングの被害に遭い、「FIFA 21」のソースコードやゲームエンジン「Frostbite」などを含む780GB相当のデータが流出した。ゲームに関する詳細な情報が手に入るソースコードが狙われるのは、ゲームを改ざんするチートを容易にするからだ。その“二次被害”はゲームの完全性やサーバーの安全性、さらにはプレイヤーのセキュリティにまで及ぶ危険性をはらんでいる。

TEXT BY CECILIA D’ANASTASIO

WIRED(US)

大手ゲーム会社のエレクトロニック・アーツ(EA)が6月10日(米国時間)、大量のデータがハッカーに盗まれたことを明らかにした。ダークウェブのフォーラムに投稿した人物が、ハッキングによって780GBのデータを入手したと主張している。なかには「FIFA 21」のソースコードのほか、「FIFA」や「Madden NFL」「バトルフィールド」「Star Wars:スコードロン」「Anthem」で使われている同社のゲームエンジン「Frostbite」も含まれていた。

「わたしたちのネットワークに発生した侵入事件について調査を進めています。この侵入によってゲームのソースコードと関連ツールの一部が盗まれました」と、EAの担当者は声明を出している。なお、「プレイヤーのデータへのアクセスはなく、プレイヤーのプライバシーが脅かされるリスクがあるとは考えていません」ともコメントした。この攻撃を最初に報じたのは「VICE」で、EAは『WIRED』US版の取材に対してランサムウェアの関与はなかったと説明している。

このところビデオゲームのソースコード流出事件が話題になっているが、今回はEAが標的になったかたちだ。昨年はValve、カプコン、任天堂、ユービーアイソフトが同じようにデータ流出の被害に遭ったと報じられている。今年に入ってからも「サイバーパンク2077」を開発したCD PROJEKT REDがランサムウェア攻撃を受けており、同社は盗まれたデータがネット上に流出したとみられると6月10日にコメントしている。

ゲームの改ざん目的で狙われるソースコード

ソースコードはハッカーにとって魅力的なターゲットだ。なぜこのボタンを押すとあの罠が使えなくなるのか、最高のダメージを与えるには相手の頭のどこを撃つべきかなど、ゲームがどのようにつくられているのかがソースコードには正確に記述されているからである。ソースコードが犯罪者の手に渡れば、オンラインゲームの完全性やサーバー、さらにはプレイヤーのセキュリティまでも脅かされる恐れがある。

「ここ数年、ハッカーが以前より知名度の高いゲームや企業を狙っていることは間違いありません」と、オンライン掲示板「Reddit」でゲームの海賊版に特化したサブレディット「CrackWatch」を運営していたOverkillLabsは語る。「その目的は名声を得るためのほか、セキュリティに欠陥があることを大企業に見せつけること、あるいは単に大企業から金をせしめるためだったりします」

最近の有名なハッキング事件ではランサムウェアが主な問題になっているが、ビデオゲームのソースコードはそれ自体が大金を生む商品である。特にチート(データを改ざんするプログラム)の作成者にとってはそれが言える。