市街地クマ、地元猟友会が駆除 4人負傷 札幌市

射殺したヒグマを移動する猟友会関係者=18日午前、札幌市東区丘珠町(坂本隆浩撮影)
射殺したヒグマを移動する猟友会関係者=18日午前、札幌市東区丘珠町(坂本隆浩撮影)

札幌市街地に出没し、地域住民らを襲って逃げていたクマが18日午前11時15分ごろ、地元猟友会により駆除された。

北海道県警によると、クマは同日午前6時前、札幌市東区北19条東16丁目付近の路上で、近くに住む会社員、小笠原敏師さん(75)と80代女性を襲った。さらに、同区内の陸上自衛隊丘珠駐屯地に逃げ込むまでに、歩いていた40代男性と男性自衛隊員1人にもけがを負わせた。小笠原さんと80代女性は軽傷で、ほか2人も意識はあるという。

クマはその後、駐屯地近くの茂みに潜んでいたが、地元猟友会が昼前に駆除した。

小笠原さんらが襲われた現場はJR札幌駅から北東に約3キロの住宅街で付近には小学校や保育園もある。

射殺したヒグマを確認する猟友会関係者ら=18日午前、札幌市東区丘珠町(坂本隆浩撮影)
射殺したヒグマを確認する猟友会関係者ら=18日午前、札幌市東区丘珠町(坂本隆浩撮影)

小笠原さんは取材に対し、逃げて転んだ際に背中に爪を立てられたと明らかにした上で「あんなに足が速いと思わなかった。恐ろしく、心臓が飛び出るかと思った」と話した。