河井克行被告に実刑判決 参院選で買収認定、東京地裁

令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公選法違反の罪に問われた元法相で前衆院議員、河井克行被告(58)の判決公判が18日、東京地裁で開かれ、高橋康明裁判長は「民主主義の根幹である選挙の公正を著しく害する極めて悪質な犯行」として懲役3年、追徴金130万円(求刑懲役4年、追徴金150万円)の実刑判決を言い渡した。弁護側は「到底承服できない」として即日控訴した。

判決によると、克行被告は平成31年3月~令和元年8月、妻の案里元参院議員(47)=同罪で有罪確定=を当選させるため、地元議員ら計100人を計約2870万円で買収した。

克行被告は一部の議員らに対する現金提供の趣旨などを争っていたが、高橋裁判長は、100人全員について買収目的だったと認定。克行被告は選挙運動を取り仕切る「総括主宰者」だったとし、県議4人に対する案里氏との共謀も認定した。

また、過去の選挙買収事件と比べても「際立って重い部類に属する」と指摘。被告が公判途中で一転して起訴内容の大半を認めたことなどを踏まえても、「実刑に処するのが相当」と述べた。