3人死傷事故、米軍人起訴 静岡地検支部

静岡県富士宮市で車を運転中に飲食店駐車場に突っ込み、3人を死傷させたなどとして、静岡地検沼津支部は18日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で、米海軍所属アルコニス・リッジ・ハネマン容疑者(33)=神奈川県横須賀市=を起訴した。

起訴状によると、5月29日午後1時ごろ、富士宮市内で乗用車を運転中、眠気を催し、直ちに運転を中止する注意義務があったにもかかわらず、運転を続け、駐車場に止まっていた車に衝突するなどして、同市の女性(85)と親族の男性(54)の2人を死亡させ、男性の妻に7日のけがを負わせたとしている。

ハネマン被告の車は対向車線を越えて駐車場に突っ込み、駐車中の車5台と衝突した。県警は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕していた。