ウガンダ選手団、19日到着へ 来日海外選手団2例目

東京五輪・パラリンピックでウガンダの選手団が宿泊するホテルニューユタカ =大阪府泉佐野市
東京五輪・パラリンピックでウガンダの選手団が宿泊するホテルニューユタカ =大阪府泉佐野市

大阪府泉佐野市は18日、東京五輪に出場するウガンダ選手団9人が19日夕、成田空港に到着すると発表した。大会延期後、来日する海外選手団としては2例目となる。

到着するのは五輪のボクシング、重量挙げ、水泳の選手5人とコーチら。ウガンダからドーハ(カタール)経由で成田空港に19日夕方に到着し、成田では市の担当職員が出迎え、貸し切りバスで大阪に向かう。20日早朝に同市内に到着予定という。7月19日まで市内で事前合宿を行う。

当初はドバイ経由で関西国際空港に今月16日前後に到着する予定だったが、航空機の運航が停止するなどして日程が不透明になっていた。市側はパラリンピック選手団の受け入れも見込んでいたが、ウガンダ側は五輪選手団のみの訪問を伝えてきたという。

会員限定記事会員サービス詳細