酒気帯び状態で電動キックボードを運転 容疑で男を逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

無免許かつ酒気帯び状態で電動キックボードを運転したとして、大阪府警南署は18日、道交法違反(無免許と酒気帯び運転)容疑で、住所不定の建築作業員、佃(つくだ)謙治容疑者(35)を現行犯逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は18日午後1時20分ごろ、大阪市中央区宗右衛門町の路上で、免許を持たずに酒気を帯びた状態で電動キックボードで走行したとしている。

同署によると、佃容疑者は11日にも無免許で電動キックボードに乗り、同区内を走行していたため、署員から警告を受けていた。