夫婦別姓、最高裁大法廷が23日に判断

夫婦が同じ姓を名乗ると定めた民法と戸籍法の規定は違憲として事実婚の男女3組が起こした家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は、決定を23日に出すことを決めた。

大法廷は平成27年、夫婦同姓を定めた民法の規定を「合憲」と判断したが、改めて憲法判断が示される見通しとなった。