ミャンマー選手が帰国拒否 「難民申請する」と表明

関西国際空港に到着し手を合わせるサッカーのミャンマー代表のピエ・リヤン・アウン選手=16日午後8時54分
関西国際空港に到着し手を合わせるサッカーのミャンマー代表のピエ・リヤン・アウン選手=16日午後8時54分

5月下旬に千葉市で行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)予選試合で、クーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議を示す3本指を掲げた同国のピエ・リヤン・アウン選手(27)が帰国を拒否したことが16日、分かった。同選手は17日未明、関西空港で報道陣に「自分の意思で帰国を拒否した。これから難民申請する」と支援者を通じて語った。

日本法務省は5月、緊急避難措置として日本在留の継続を望むミャンマー人に在留延長を認めると発表していた。同選手は他のミャンマー選手とともに16日深夜に関西空港から帰国の途に就くことになっていた。

5月28日の日本代表戦はクーデター後、ミャンマー代表にとって初の国際試合だった。同選手は国歌斉唱の際、英語で「WE NEED JUSTICE(私たちには正義が必要)」と記した3本指を掲げる姿がテレビで放映されて注目を集めた。ミャンマーの反国軍デモの参加者が取るポーズで、独裁への抵抗を意味している。