菅首相記者会見詳報(9完)

「対中包囲網なんか私ども作りませんから」

7都道府県への緊急事態宣言を期限の20日で解除し、まん延防止等重点措置へ移行することを表明、国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)
7都道府県への緊急事態宣言を期限の20日で解除し、まん延防止等重点措置へ移行することを表明、国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)


=菅首相記者会見詳報(8)から続く


--先のG7サミットでは、対中包囲網について結束が図られたのか。フランスのマクロン大統領は「インド太平洋を米中対決で粉砕してはならない」と発言したとロイターが報じた。今国会では、土地利用規制法のように首相の権限を異常なまでに強化したのではないか。内閣独裁を実現する改憲による緊急事態条項の先取りと思われる

首相「私はまさに主権国家の内閣総理大臣としてG7サミットに参加して、先ほど申し上げました、国際社会の普遍的価値。このことについては、G7の中で、すべての国々との中で共有しているものであります。それと、マクロン大統領とも私、個別会談をしました。そこについては、その、対中包囲網なんか、私ども作りませんから。まず。そこについて、やはり普遍的価値を共有する国というのは、極めて大事な訳でありますから。そこはしっかり対応していこうということで一致をしております」

「それと、土地問題ですけれども、その、独裁国家みたいな話ありましたけれども、これは、国会で堂々と国家として必要だから、法案を提出をして、国会で議論をいただいて、決定をしたわけでありますから、極めて民主的な中で行われていることだという風に思います。自らの国を、自ら守るということが、ある意味で独立国家として当たり前のことだという風に思います」

=(完)