通常国会が閉会、土地規制法案は16日未明に成立 - 産経ニュース

メインコンテンツ

通常国会が閉会、土地規制法案は16日未明に成立

会談に臨む自民党の森山裕(左)、立憲民主党の安住淳両国対委員長=16日午前、国会
会談に臨む自民党の森山裕(左)、立憲民主党の安住淳両国対委員長=16日午前、国会

第204通常国会は16日、閉会した。安全保障上の重要な土地の買収対策となる土地利用規制法案は同日未明の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数により可決、成立。立憲民主、共産両党は私権制限や恣意(しい)的運用の恐れがあるとして、参院に内閣委員長と議院運営委員長の解任決議案を提出して採決に抵抗し、決着が未明にずれ込んだ。

一方、立民の安住淳国対委員長は同日、自民の森山裕国対委員長と国会内で会談し、今国会閉会後も新型コロナウイルスに対応するための閉会中審査の実施を要請。森山氏は国会内で記者団に、前向きに対応する考えを示した。