速報

速報

共通テスト不正 受験生出頭

中国に技術漏洩 積水化学元社員 初公判で認める

大阪地裁=大阪市北区
大阪地裁=大阪市北区

大手化学メーカー「積水化学工業」(大阪市北区)のスマートフォン関連技術を中国企業に漏洩(ろうえい)したとして、不正競争防止法違反の罪に問われた元社員の久保田敬士(たかし)被告(46)の初公判が17日、大阪地裁(栗原保裁判官)であり、「間違いありません」と起訴内容を認めた。

起訴状などによると、平成30年8月~31年1月、3度にわたり、積水化学の営業機密にあたる電子材料の「導電性微粒子」の製造工程に関する技術情報について、中国・広東省に本社を置く通信機器部品メーカー「潮州三環グループ」の社員に送るなどしたとしている。

冒頭陳述で検察側は、スマートフォンのタッチパネルなどに使われる導電性微粒子の技術開発部門に所属していた被告は、「上層部に業務が正当に評価されていない」と感じていたと指摘。新製品の開発に対するプレッシャーもあり、中国企業とのやりとりや技術を、積水化学での業務に生かしたいなどと考えていたと述べた。

事件をめぐっては、積水化学が久保田被告を懲戒解雇し、大阪府警に告訴。府警が不正競争防止法違反容疑で書類送検し、大阪地検が在宅起訴していた。