妻子6人殺害、死刑求刑 「結果重大」と検察側

水戸地方裁判所
水戸地方裁判所

平成29年に茨城県日立市で妻子6人を殺し、自宅アパートに火を付けたとして殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた無職、小松博文被告(36)の裁判員裁判が17日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で開かれ、検察側は「結果は重大で酌むべき事情はない」として死刑を求刑した。

弁護側は事件当時、被告は心神喪失状態で殺害の故意もなかったとして、無罪を主張。また、起訴後の勾留中に病気で倒れて心肺停止になって事件の記憶を失い、訴訟能力がないとして公判停止を求めたが、地裁は記憶障害を認める一方、意思疎通は可能などとして退けている。

検察側は論告で「出頭直後から殺害行為を具体的に供述しており、犯行を決意した過程や動機なども合理的だ」として、完全責任能力があったと指摘した。

起訴状によると、小松被告は29年10月6日未明、自宅で当時3~11歳の子供5人と妻の恵さん=同(33)=を包丁で複数回刺した上で玄関付近にガソリンをまいて放火、殺害したとしている。