マイハマでワイキキ体験 千葉・浦安のホテルでフェア - 産経ニュース

メインコンテンツ

マイハマでワイキキ体験 千葉・浦安のホテルでフェア

ホテルガーデンの砂の彫刻がハワイ気分を盛り上げる=千葉県浦安市舞浜(江田隆一撮影)
ホテルガーデンの砂の彫刻がハワイ気分を盛り上げる=千葉県浦安市舞浜(江田隆一撮影)

千葉県浦安市舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで、日本にいながらハワイ気分が味わえる「ハワイアンフェア マラマシェラトン」が、8月31日まで開催されている。

コロナ禍で今年の夏休みもハワイ旅行は難しそう。そこで同ホテルとハワイ・ホノルル市のシェラトン・ワイキキ・ホテルがコラボ。ハワイ州観光局やハワイアン航空などの協力により、身近なリゾートで南の島の休日を体験できるフェアが企画された。

ホテルガーデンでは、サンドアート作家の保坂俊彦さんがホテルのキャラクター、ペントンの波乗りをモチーフに制作した砂の彫刻が出迎え。7月10日からの毎週土曜日の午前11時45分と午後3時には、2階ロビーで観覧自由のウクレレ演奏が行われ、「マラマ(ハワイ語で思いやりの心)」がいっぱいのハワイのおもてなしを、浦安に届ける。

1階のブッフェ・ダイニング「グランカフェ」では、シェラトン・ワイキキのレシピを使ったハワイアンフードが7月21日まで楽しめる。