菅首相記者会見詳報(1)

酒類提供「感染防止徹底店は19時まで」

「またスポーツなどのイベントの人数制限について、重点措置の期間は、これまでと同様に5000人の上限を設けた上で、その後、1カ月間についても厳しい制限をお願いすることとし、1万人を上限とする経過措置を設けることとします。今後とも高い警戒感を持って対策を続けてまいります」

「再拡大により医療(提供体制)の逼迫の兆しが見られた場合には、酒類提供の一律停止や、より厳格なイベントの開催制限など対策の強化も含め、機動的に対処をいたします。皆さまにはマスク、手洗い、3密の回避という、基本的な感染対策を徹底すること。とりわけ会話の際には、マスクを着用するという感染防止へのご協力を心からお願い申し上げます」

「ワクチンの接種はこの1週間で、合計730万回、1日平均100万回を超えるペースで増加をしています。累計の接種回数は2700万回を超え、1度でも接種した人の数は、2000万人を超えました。自治体や医療関係者などのご協力に心から感謝をいたします。今回のG7(先進7カ国首脳会議)で、首脳たちとさまざまなことを語り合いました。新型コロナについては、いずれの首脳たちも、経済との両立などに思い悩みながら試行錯誤を繰り返し、結局はワクチンの接種が進むことで、状況は大きく改善をしたとのことでした」

「今月末には、(国内の接種回数が)4000万回を超える見込みであり、すべての市町村で7月末には、希望する高齢者への2回の接種が完了する見込みとの報告を受けております。これにより高齢者を中心とした重傷者の発生が大幅に減り、医療への負荷も大きく軽減されることが期待されます。大学生への接種も21日から本格的に始まる予定であります。既に新規感染者に占める高齢者や医療従事者の割合が低下しているとの指摘もあります」

=(2)に続く

会員限定記事会員サービス詳細