【浪速風】暗号資産は貨幣の進化形か - 産経ニュース

メインコンテンツ

浪速風

暗号資産は貨幣の進化形か

ビットコインのロゴとエルサルバドルの国旗(ゲッティ=共同)
ビットコインのロゴとエルサルバドルの国旗(ゲッティ=共同)

理想的なお金の条件は価値が安定していることだ。実現するには民間に発行を許して、互いに競わせればよい。経済学者のフリードリヒ・ハイエク(1899~1992年)は『貨幣発行自由化論』でそう主張した。国家が関与しないビットコインなどの暗号資産がその理論を実証する可能性もあったが、現実は厳しい

▼ビットコインの価値は、この1カ月ほどでおよそ3割下落した。ずっと応援していた米国の著名な経営者、つまり大富豪が距離を置くような発言をしたことなどが原因のようだ。不安定であることは否めない。やはり、お金には国家の後ろ盾が必要なのだろうか

▼と思っていたら、中米のエルサルバドルがビットコインを法定通貨として認めると決めた。世界初のことで、ブケレ大統領はツイッターで「進化」をアピール。添えられたプロフィル写真を見ると両目に光線が合成されている。人を見た目で判断するのはどうかとも思うが、しかし…。