電動キックボード運転の男を書類送検、無免許疑い - 産経ニュース

メインコンテンツ

電動キックボード運転の男を書類送検、無免許疑い

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

無免許で電動キックボードを運転したとして、大阪府警曽根崎署は15日、道交法違反(無免許運転など)容疑で、大阪市北区の自営業の男(27)を書類送検したと発表した。書類送検は14日付。「間違いありません」と容疑を認めているという。電動キックボードの無免許運転での摘発は、珍しいという。

書類送検容疑は5月28日午後1時5分ごろ、大阪市北区中之島の歩道で、免許を持たずに電動キックボードで走行したとしている。同署によると、男は同25日にも無免許で電動キックボードに乗り、同区内を走行していたため署員から警告を受けていた。

電動キックボードはモーターで走行する立ち乗り二輪車。道交法では公道での利用に運転免許やナンバープレートが必要とされる。近年若者を中心に利用者が増加する一方、事故やルール違反も続発。府警は相次ぐ事故を受け、取り締まりを強化している。