国際ボクシング協会、不正疑惑調査へ リオ五輪で不可解判定

国際ボクシング協会(AIBA)は14日、2016年リオデジャネイロ五輪での不可解な審判や判定を巡り、ロシアの組織的なドーピング問題で調査チームを率いたマクラーレン氏に調査を依頼したと発表した。AIBAは、不正疑惑を問題視した国際オリンピック委員会(IOC)から資格停止処分を受けている。

第1弾の調査報告書を8月末に公表予定で、その後は過去の汚職問題にもメスを入れる。昨年12月に就任したクレムレフ会長(ロシア)は「明るい未来に向かうには過去にも光を当てなければいけない。独立した専門家を招き、不正行為を明らかにすることが最善の方法だ」とコメントした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細