米ノババックスのワクチン、有効性90% 武田が国内供給目指す

米ノババックスの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)
米ノババックスの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)

米バイオテクノロジー企業ノババックスは14日、米国などで行った新型コロナウイルスワクチンの大規模臨床試験(治験)で、発症リスクを約90%抑える有効性を確認したと発表した。9月末までに米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する。

日本政府は来年初頭から同社のワクチンの供給を受けられるよう協議している。日本への供給は武田薬品工業が担う。武田は山口県光市の自社工場で製造する。日本でも治験を進めている。

ノババックスの発表によると、米国とメキシコで18歳以上の約3万人を対象に治験を実施。ワクチンか偽薬を3週間間隔で2回接種し、ワクチンのグループの発症割合は、偽薬のグループと比べて90・4%抑えられる有効性がみられた。症状が中等症や重症になったのは偽薬グループだけで、ワクチングループは全員軽症だった。

欧米で先に実用化した主なワクチンとは仕組みが異なり、ウイルスに特徴的な突起状タンパク質を持つ微粒子からなる。(共同)