NATO首脳会議にバイデン氏初参加 中国を議論 - 産経ニュース

メインコンテンツ

NATO首脳会議にバイデン氏初参加 中国を議論

14日、ブリュッセルで会談するバイデン米大統領(左)とNATOのストルテンベルグ事務総長(ロイター=共同)
14日、ブリュッセルで会談するバイデン米大統領(左)とNATOのストルテンベルグ事務総長(ロイター=共同)

【コーンウォール(英南西部)=板東和正】米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)が14日、首脳会議をブリュッセルの本部で開催。バイデン米大統領が初出席し、トランプ米前政権時代に揺らいだ米欧の結束を確認し、覇権主義を強める中国の脅威への対処のため、NATO改革をめぐる政策文書を承認する見通しだ。

集団安全保障への関与に消極的だったトランプ前大統領はNATOを「時代遅れ」と批判し、欧州の加盟国との間に溝が生じた。NATOのストルテンベルグ事務総長は今回の首脳会議を「重要な転機」と位置付け、米欧の連携を強化する考えだ。

首脳会議ではロシアだけでなく、中国を「巨大な脅威」と位置づけた政策文書「NATO2030」を承認する。今後10年間の行動指針となる新たな「戦略概念」の改定に乗り出し、中国対策を初めて盛り込む。

NATOは10年の首脳会議で現在の戦略概念を採択し、ミサイル防衛をめぐる対露協力などを盛り込んだ。中国の台頭はこれ以降のことで、ストルテンベルグ氏は今月11日の記者会見で「安全保障上の脅威や課題は多くの点で変化した」と強調。「中国とロシアはルールに基づく国際秩序に反発している」とし、立ち向かう必要性を訴えた。

首脳会議では、米国でロシア発とみられる攻撃の被害が深刻化しているのを受け、新たな「サイバー防衛政策」で合意する。軍事活動で排出される温室効果ガスの削減や気候変動対策で目標を設定する見通し。