ベンチャー企業対象に合同職場ワクチン接種 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ベンチャー企業対象に合同職場ワクチン接種

医師や看護師も参加した合同職域接種のリハーサル=14日、東京都千代田区(松村信仁撮影)
医師や看護師も参加した合同職域接種のリハーサル=14日、東京都千代田区(松村信仁撮影)

ベンチャーキャピタル(VC)のコーラル・キャピタル(東京都千代田区)は14日、早ければ23日に実施する投資先企業などとの合同職域接種会のリハーサルを東京都内で行った。

コーラルの6人の従業員が接種を受ける役となり、接種会当日に参加する医師や看護師とともに受付や接種の手順、さらに途中で滞留せずにスムーズに人が流れるかを確認した。接種会は1日2千人のペースで実施する予定。

この合同職域接種会には他のVCにも参加を呼びかけたところ、約40のVCが反応。全体で約1100社のベンチャー企業が接種会に参加。約2万5千人が接種を受ける見通し。

合同の職域接種をめぐっては、東京都内の2450社の中小企業からなる東京中小企業家同友会(同区)も早ければ7月5日に実施する方向で準備を進めている。