交番勤務、救助隊、トレイルラン 3足のわらじ(1/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

川井友香子が金メダル レスリング女子62キロ級

メインコンテンツ

交番勤務、救助隊、トレイルラン 3足のわらじ

長野県警山岳遭難救助隊員の秋山穂乃果さん(原田成樹撮影)
長野県警山岳遭難救助隊員の秋山穂乃果さん(原田成樹撮影)

長野県警山岳遭難救助隊員 秋山穂乃果巡査長(27)

テレビ局カメラマンだった秋山穂乃果さん(27)は、被災者らにレンズを向けるより、手を差し伸べたいと感じていたときに、長野県警山岳遭難救助隊に遭遇した。意を決して警察官になって2年。隊員に選ばれた喜びと責務を胸に、交番勤務、救助隊、トレイルランニングのトップ選手と三足のわらじを履きこなす。

コツコツ型のタイプでした。運動は好きで、高校と大学で陸上の長距離をやりましたが、日本選手権に出られるほどの成績ではありませんでした。神戸大では練習で裏にある六甲山の上まで走って登ったりしていました。

平成29年ごろ、大阪のテレビ局でカメラマンをしていたとき、トレラン(山岳レース)の大会があるのを知って出場しました。このときは全然走れなかったのですが、経験があったので、練習したらいけると思いました。

しかし、報道の仕事をしていると練習時間が取れず、山にも行けません。そのころ、人が困っているのに助けないで映像を撮るより、何かできるほうがいいなと感じていました。

登山は母が好きで、幼いころから連れられ、信州の乗鞍や八ケ岳にも行きました。29年、母と北アルプスの涸沢(からさわ)岳に登ったとき、救助隊の人が、登山者の装備をチェックしたり、質問に答えたりしているのに出会いました。救助隊になりたいと思い、それで長野県警の警察官採用試験を受けました。