料亭でリモートワーク 個室を貸し出し - 産経ニュース

メインコンテンツ

料亭でリモートワーク 個室を貸し出し

新型コロナウイルスの影響で空いた個室を活用し、リモートワークのためのオフィスとして提供している「料亭山屋」 =埼玉県川越市(宮崎瑞穂撮影)
新型コロナウイルスの影響で空いた個室を活用し、リモートワークのためのオフィスとして提供している「料亭山屋」 =埼玉県川越市(宮崎瑞穂撮影)

埼玉県川越市の老舗料亭「山屋」では、空いた個室をリモートワークのオフィスとして提供している。

創業約150年の山屋は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で利用が減少。今年2月から執務スペースとして個室の貸し出しを始め、通信環境も整えた。窓からは庭園の緑が見え、利用者から好評だという。

5代目の松山潤社長(57)は「歴史ある日本家屋を守っていくため、飲食業以外の新しいことに挑戦していきたい。秋は紅葉もきれいなので、よい環境で仕事をしてほしい」と話した。

新型コロナウイルスの影響で空いた個室を活用し、リモートワークのためのオフィスとして提供している「料亭山屋」 =埼玉県川越市(宮崎瑞穂撮影)
新型コロナウイルスの影響で空いた個室を活用し、リモートワークのためのオフィスとして提供している「料亭山屋」 =埼玉県川越市(宮崎瑞穂撮影)
新型コロナウイルスの影響で空いた個室を活用し、リモートワークのためのオフィスとして提供している「料亭山屋」 =埼玉県川越市(宮崎瑞穂撮影)
新型コロナウイルスの影響で空いた個室を活用し、リモートワークのためのオフィスとして提供している「料亭山屋」 =埼玉県川越市(宮崎瑞穂撮影)