「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

矢野監督に続投要請…長期政権ならば、虎の人間模様は大きく変わる!

中継ぎの岩崎(右)と話す阪神の矢野監督。長期政権となるか=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
中継ぎの岩崎(右)と話す阪神の矢野監督。長期政権となるか=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

16年ぶりのリーグ優勝に突き進む阪神・矢野燿大(あきひろ)監督(52)への続投要請が早ければ7月中旬にも行われることが明らかになりました。今季で3年契約が終了する指揮官に対して、阪神電鉄本社や球団首脳は「でき得る限り監督を続けてほしい」という意向で一致しており、新たな複数年契約など条件面を整えた上で続投を打診。矢野監督が受諾すれば、阪急阪神ホールディングスの角和夫社長(72)に報告後、シーズン終了を待って、改めて長期契約を締結する方向です。矢野監督は監督就任1年目の2019年シーズンから3位、2位とAクラス入りを果たし、今シーズンも快進撃。選手の自主性を重要視する采配が球団内でも高く評価されています。歴史的な大失速でもない限り、矢野阪神は長期政権ですね。

〝吉田義男ロード〟を歩む栄冠

首位を堅持する阪神がこのまま逃げ切ってリーグ優勝を果たすならば、今季で球団創設86年目を迎えた阪神において、「矢野燿大」という名前は球団史に深く名誉を刻み込まれることになります。なぜなら、タイガースの長い歴史の中で過去にわずか一人しか果たしていない「大偉業」を成し遂げようとしているからですね。

もし、仮に阪神がこのまま逃げ切り、05年以来、16年ぶりのリーグ優勝を果たしたとき、矢野監督は主力捕手として活躍した03年、05年のリーグ優勝、そして監督としての初めてのリーグ優勝という、選手で2度、監督で1度の「阪神優勝」を手にするのです。1950年(昭和25年)の2リーグ分立以降、阪神は過去に5度のリーグ優勝を飾っていますが、数少ない優勝時のメンバーを振り返ってみたとき、驚くべき?事実を知ります。

過去にタイガースの主力選手として2度のリーグ優勝、そして監督として1度のリーグ優勝を果たした人物はたった1人しか存在していません。62年(昭和37年)と64年(昭和39年)のリーグ優勝をバリバリの遊撃手として勝ち取り、85年(昭和60年)に監督としてリーグ優勝、球団創設初の日本一にチームを導いた吉田義男さん。そう、あのヨッさんしか過去にいないのです。

会員限定記事会員サービス詳細