バイデン大統領、東京五輪「もちろん支持」

G7サミットの記念撮影を終え、笑顔を見せる菅首相(中央)。前列左はバイデン米大統領、同右は英国のジョンソン首相=11日、英コーンウォール(代表撮影・共同)
G7サミットの記念撮影を終え、笑顔を見せる菅首相(中央)。前列左はバイデン米大統領、同右は英国のジョンソン首相=11日、英コーンウォール(代表撮影・共同)

【コーンウォール=田村龍彦】菅義偉(すが・よしひで)首相は12日(日本時間同日)、英コーンウォールで開催中の先進7カ国首脳会議(G7サミット)の会場で、バイデン米大統領と断続的に計約10分協議した。東京五輪・パラリンピックについて、首相が感染対策を万全にし、安全・安心な大会を実現する考えを表明したのに対し、バイデン氏は「オフコース・アイ・サポート・ユー(もちろん、あなたを支持する)」と応じた。

首相は、G7首脳宣言の取りまとめに関し、4月のワシントンでの日米首脳会談などの成果を踏まえ、力強いメッセージを発出すべきだとして、首脳間で緊密に連携したい考えを表明。バイデン氏も賛同し、首相とG7の議論をリードしていきたい考えを示した。