速報

速報

共通テスト不正 受験生出頭

G7サミット、「対中非難で一致」と米高官

G7サミットで2日目の討議に臨む菅首相(右手前)ら各国首脳。奥中央はジョンソン英首相、同左は韓国の文在寅大統領=12日、英コーンウォール(AP)
G7サミットで2日目の討議に臨む菅首相(右手前)ら各国首脳。奥中央はジョンソン英首相、同左は韓国の文在寅大統領=12日、英コーンウォール(AP)

【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米政権高官は12日、英南西部コーンウォールで開催中の先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、参加した各国の首脳全員が「中国による人権や基本的な自由の侵害を非難する考えで一致した」と明らかにした。

高官は記者団との電話記者会見で、サミット期間中の2日間の議論で、中国による市場経済的でない経済行為は世界経済に有害だとして、G7が共同対処すべきだとの考えが首脳間で高まっていると指摘。新疆ウイグル地区を含めたサプライチェーン(製品・部品の供給網)に強制労働が介在している問題に対応すべきだとも訴えた。

高官は、2018年のG7サミットでは中国に関し意見が一致せず、共同文書に明記できなかったのに比べると「大きな前進だ」と強調した。

また、共同文書の内容は「最終的に確定していない」としつつ、中国に対し強い姿勢を打ち出すものになるとの認識を示した。