逃走のオオカミ犬2頭を捕獲 長野、けが人なし - 産経ニュース

メインコンテンツ

逃走のオオカミ犬2頭を捕獲 長野、けが人なし

長野県富士見町の住宅から逃走していた体長約1メートルの「オオカミ犬」2頭が12日午後、県警などによって捕獲された。けが人はいなかった。オオカミ犬は飼育に許可が必要な特定動物に指定。飼い主の男性はブリーダーとして県の許可を得ていたといい、県警は逃走の状況を調べる。

2頭は11日朝におりからいなくなっていたが、その後も遠くには逃げず、自宅周辺にいるのを確認。県警や保健所が最大時約50人態勢で捕獲作業を続け、12日午後2時10分ごろ、飼い主の自宅近くで、網を使うなどして2頭を捕まえた。

県警が飼い主から聞いた説明では、2頭は人を見ると逃げ出すような臆病な性格で、屋外のおりで飼育されていた。穴を掘っておりの外に逃げた可能性が高いという。