【カメラマン日記】4股抜き、久保建英選手の先制ゴール まるで漫画としか… - 産経ニュース

メインコンテンツ

【カメラマン日記】4股抜き、久保建英選手の先制ゴール まるで漫画としか…

【サッカーU-24日本代表-ジャマイカ代表】前半、先制のゴールを決める久保建英(左)。ジャマイカのDF3人(左から2人目~4人目)とGK(右端)の股を抜くゴールとなった=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
【サッカーU-24日本代表-ジャマイカ代表】前半、先制のゴールを決める久保建英(左)。ジャマイカのDF3人(左から2人目~4人目)とGK(右端)の股を抜くゴールとなった=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)

まるで漫画のワンシーン。

サッカー男子で東京五輪世代のU―24(24歳以下)日本代表は12日、愛知・豊田スタジアムでジャマイカのフル代表と国際親善試合を行い、4―0で快勝しました。

圧巻だったのは、前半32分に久保建英選手が左足で放った4股抜きの先制ゴール。ボールはディフェンス3人とゴールキーパーをあざ笑うかのように股間を抜け、ゴールネットに突き刺さりました。

撮影中には気づきませんでしたが、試合後に写真を送信していると、スタジアムの大型ビジョンに久保選手のゴールシーンが…。

ここで初めて4股抜きだったことがわかり、ゴール裏に仕掛けたリモコンカメラのデータを確認しました。

久保選手がシュートを放ったのは、カメラから見てゴールポストよりもかなり左側。角度的に難しいかと思いましたが、なんとか撮れていたようです。

4人の股間を抜き、ゴール。割と長い間、サッカー担当を経験させてもらっていますが、初めての“遭遇”でした。

写真では分かりにくいかもしれませんがご容赦を。

【サッカーU-24日本代表-ジャマイカ代表】前半、先制のゴールを決める久保建英(左)。ジャマイカ選手4人の股を抜くゴールとなった=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
【サッカーU-24日本代表-ジャマイカ代表】前半、先制のゴールを決める久保建英(左)。ジャマイカ選手4人の股を抜くゴールとなった=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
【サッカーU-24日本代表-ジャマイカ代表】前半、久保建英の先制ゴールはジャマイカ選手4人の股を抜くシュートだった=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
【サッカーU-24日本代表-ジャマイカ代表】前半、久保建英の先制ゴールはジャマイカ選手4人の股を抜くシュートだった=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
前半、先制のゴールを決める久保建(中央)。まずはDF2人(左から2人目まで)の股を抜く=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
前半、先制のゴールを決める久保建(中央)。まずはDF2人(左から2人目まで)の股を抜く=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
前半、先制のゴールを決める久保建(奥)。まずはDF2人(左から2人目まで)の股を抜く=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
前半、先制のゴールを決める久保建(奥)。まずはDF2人(左から2人目まで)の股を抜く=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)

ボトムコンテンツ