決勝はジョコビッチとチチパス 全仏テニス

ノバク・ジョコビッチ(ゲッティ=共同)
ノバク・ジョコビッチ(ゲッティ=共同)

テニスの全仏オープン第13日は11日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝は昨年準優勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が5年連続14度目の頂点を狙った第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)に3―6、6―3、7―6、6―2で逆転勝ちし、5年ぶり2度目の優勝が懸かる13日の決勝に進んだ。

ナダルは全仏で2015年大会準々決勝のジョコビッチ戦以来6年ぶりの黒星となった。

第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)は第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に6―3、6―3、4―6、4―6、6―3で競り勝ち、四大大会で男女を通じてギリシャ勢初の決勝進出を果たした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細