浪速風

この悪名は誇れない

経済産業省に悪名再び=東京都千代田区
経済産業省に悪名再び=東京都千代田区

高度成長期、企業と手を携えて世界に挑んだ役所は「ノトーリアスMITI(悪名高い通商産業省)」と呼ばれた。民間の自由な競争を邪魔しているとの批判だ。それでも経済大国になったのだから、向こう傷のようなもので当人たちは誇らしくさえ思っていたふしがある。役所は平成年の省庁再編で経済産業省(METI)と改称したが、またしても悪名を着せられようとしている

▶東芝経営陣と海外の「物言う株主」の間のいざこざに経産省が介入し、経営陣に味方したという。株主の要請に基づいて調査した弁護士が「不当な影響を一部株主に与えた」としている。ただし、経産省内部からは調査には誤解があるとの声があがっている

▶東芝は半導体や原発といった重要な技術を持つ。政府として守りたいと考えるのは当然だ。しかし、守ることの意味をはき違えると、日本を含むG7が毛嫌いする国家資本主義とみられかねない。この悪名は誇れない。