映像制作に革新をもたらす? ARを自在に操作できる指先サイズの装置

拡張現実(AR)の物体を指先で簡単に操作できる小型デバイスを、英国のスタートアップが開発した。2本の指に挟んで使うコントローラー「Litho」は専用のスマートフォン用アプリと組み合わせることでプロ並みの視覚効果の制作を容易にし、映画制作にまで革新をもたらす可能性を秘めている。

TEXT ALEX CHRISTIAN

WIRED(UK)

新型コロナウイルスの影響でロンドンがロックダウンされていた2021年1月中旬のことだ。陰鬱とした雨が降る午後、雨に濡れたロンドンのエッジウェア・ロードに面する何の変哲もないマンションの一室では、ある“変化”が起きていた。

この部屋では空中にヒナギクが咲き、数秒前に命を吹き込まれたテディベアがせわしなく床を歩き回っている。天井には土星の環が周回し、深い海の色に変わった壁の前に悠然と泳ぐCGのウミガメが現れる──。

このシーンは、拡張現実(AR)によって一瞬で生み出された。使ったものは「Litho」という名の小型のコントローラーで、これを数回クリックしてスクロールしただけである。このコントローラーは3D映像を呼び出し、アーティストや自由な想像力の持ち主の夢をかき立てる力をもっている。

この驚くべきパフォーマンスを魔法使いのように次々とこなしてみせたのは、Lithoを開発した26歳のナット・マーティンだ。「モバイルARを恒常的に動作させることは、これまで誰にもできていません。『ポケモンGO』のプレイヤーの大半も、こうした機能を早々にオフにしてしまいました」と、マーティンは言う。「このデバイスを使えば、リアルな世界とやりとりしながらバーチャルな世界を探索できるのです」

指先だけでARを操作

Lithoは2本の指で挟む形状の小さなデバイスで、裏側にトラックパッドとモーションセンサーを備えている。ユーザーは片手でバーチャルな世界を片手で操作しながら、その動きを反対の手に持ったiPhoneで確認できる仕組みだ。つまり、iPhoneが“ARメガネ”のような役割を果たすことになる。

専用アプリの「Diorama」を使うことで、3Dアーティストがレンダリングしたさまざまな小道具を目の前に映し出し、空間でドラッグする動作だけで動かせる。また、オブジェクト同士を“接触”させることもできる。例えば、飛び回るコウモリが部屋の中を急降下して、ピラミッド型に積み上げたCGのトイレットペーパーをなぎ倒す、といった具合だ。

自主制作映画やソーシャルメディア用コンテンツのクリエイターは、このデバイスだけでさまざまな特殊効果を意のままに操れる。

「これがあれば高品質のCGIでビジュアルを制作できます」と、マーティンは言う。「現時点でLithoの代替になるものは、非常に高額で操作の習得にも時間を要するごく一部のソフトウェアしかありません」

これはロックダウンならではの一時的な流行ではない。「いまは人々が試せる時間がたくさんあるかもしれません。でも、わたしたちが制作したデモ映像の多くは屋外で撮影されています。素晴らしい動画をベッドルームで撮影するのは難しいですよね。特にARは現実の空間に影響を受けますから」