国安法に基づき映画検閲へ 香港政府、新基準を導入

香港立法会(議会)に掲揚される、中国国旗(右)と香港の旗(AP)
香港立法会(議会)に掲揚される、中国国旗(右)と香港の旗(AP)

香港政府は11日、香港国家安全維持法(国安法)に基づく新たな映画の検閲基準を導入した。「国家の安全に危害を加える」表現などがあれば、上映禁止となる可能性がある。

政府に対する2019年の抗議デモなどを扱った映画が対象となるとみられ、香港の「表現の自由」がより制限を受けることになりそうだ。

香港では、映画に暴力や人種差別表現があるかどうかを調べ、年齢制限などを設ける審査制度がある。香港政府は今回、この制度のガイドラインを改正し、国安法に反する内容の有無なども審査項目に加えた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細