動画

エリザベス英女王がG7首脳らと懇談 久々の王室外交

エリザベス英女王(中央)と菅義偉首相ら(左から3人目)=11日、英コーンウォール(ゲッティ=共同)
エリザベス英女王(中央)と菅義偉首相ら(左から3人目)=11日、英コーンウォール(ゲッティ=共同)

【コーンウォール(英南西部)=板東和正】エリザベス英女王は11日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれた英南西部コーンウォールにある植物園に首脳らを招いて懇談した。新型コロナウイルス感染拡大や、女王の夫フィリップ殿下死去の後、久しぶりの王室外交となった。

女王を中心に首脳が記念撮影し、菅義偉首相は女王の後方の位置に立った。女王は、真面目な顔で隣に座るジョンソン英首相の緊張をほぐそうとするかのように「楽しんでいるように見せるべきですか?」と声をかけ、周囲を和ませた。

女王は最後のサミット参加となる見通しのドイツのメルケル首相らとも、にこやかに言葉を交わした。

また、女王の誕生日を公式に祝う行事が12日に行われた。例年、ロンドンのバッキンガム宮殿周辺で行う馬車のパレードは、新型コロナ対策のため2年連続で中止。代わりにロンドン郊外のウィンザー城内で、規模を縮小して実施された。