台湾、参院決議に謝意 WHO総会参加めぐり

参院本会議でWHOの台湾への対応に関する決議が採択され所信を述べる茂木敏充外務相=11日午前、国会(春名中撮影)
参院本会議でWHOの台湾への対応に関する決議が採択され所信を述べる茂木敏充外務相=11日午前、国会(春名中撮影)

台湾の外交部(外務省に相当)の欧江安報道官は11日、参院が台湾の世界保健機関(WHO)総会へのオブザーバー参加実現を求める決議を採択したことについて「日本の参院が初めて決議という形で台湾の国際組織参加を支持してくれた」として「心からの感謝」を表明した。

欧氏は「台湾と日本は自由と民主主義、人権、法治といった基本的価値観を共有している」と強調、日本を含めた関係国と協力して台湾が国際組織に参加できる環境づくりに努めていくとした。(共同)