障害者の運賃割引、ICカードで窓口精算不要に 関東圏で - 産経ニュース

メインコンテンツ

障害者の運賃割引、ICカードで窓口精算不要に 関東圏で

JR東日本のIC乗車券Suica(スイカ)
JR東日本のIC乗車券Suica(スイカ)

関東圏の電車、バスなどの事業者でつくる関東ICカード相互利用協議会は10日、障害者割引が適用される乗客向けに、適用運賃でSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)を利用できる新サービスを来年度後半をめどに始めると発表した。現状は有人の改札や窓口に立ち寄る必要があり、障害者団体が改善を求めていた。

協議会によると、関東圏で交通系ICカードの相互利用を実施しているのは鉄道35事業者、バス34事業者。システム改修などの課題があり、具体的な利用方法や発売箇所などの詳細は今後協議を進めるとしている。

割引対象となる障害者や介助者は現状、ICカードで入場すると、降車駅や乗換駅の改札、窓口で障害者手帳を提示し、割引額分をその都度精算する必要がある。