ワクチン接種加速に総力 全国知事会が宣言案

オンラインで開かれた全国知事会の全体会合=10日午前、東京都千代田区
オンラインで開かれた全国知事会の全体会合=10日午前、東京都千代田区

全国知事会は10日、年に1度の全体会合をオンラインで開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止と、コロナ後の地域再生に向けた宣言案を示した。喫緊の課題としてワクチン接種の加速に総力を挙げ、地域の保健・医療体制を再構築すると強調。社会経済の正常化に向け、打撃を受けた飲食・観光業を支援し、雇用を維持して地域の経済と生活を守るとしている。

知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は冒頭あいさつで「国民の大きな期待はワクチン接種だ」と述べ、接種加速が最優先との考えを示した。会合では午後に宣言を正式決定。国にコロナ対策の強化や自治体への財政支援を求める提言を取りまとめる見通し。

宣言案は、ワクチンを感染拡大防止の切り札と位置付け全ての地域で接種が円滑に進むよう取り組むとした。医療従事者の育成や確保を含めた保健・医療体制の再強化も目指す。地域経済を下支えする必要性を強調した。昨年に続きオンライン開催となった。