朝日新聞、27年ぶり値上げ 7月、月ぎめ4400円に - 産経ニュース

メインコンテンツ

朝日新聞、27年ぶり値上げ 7月、月ぎめ4400円に

朝日新聞社 東京本社の外観=東京都中央区
朝日新聞社 東京本社の外観=東京都中央区

朝日新聞社は10日、朝夕刊セット版の月ぎめ購読料を7月1日から363円値上げして税込みで4400円にし、朝刊のみの統合版は407円上げて3500円にすると発表した。消費税増税時を除いて値上げは1993年12月以来、27年7カ月ぶり。販売・広告収入が減る中、経営努力が限界に達したという。

朝刊1部売りは150円から160円、夕刊は50円から60円に上げる。

朝日新聞社によると、93年12月に約820万部だった部数は昨年8月に500万部を割った。広告収入は2008年のリーマン・ショックなどで年々減り、新型コロナウイルスの流行も経営に影響した。

朝日新聞社の令和3年3月期連結決算は、最終損益が441億円の赤字(前期は106億円の黒字)だった。赤字額は創業以来で最大。