中国、日豪共同声明に反発 南シナ海など主権主張

記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)

中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は9日の記者会見で、日本、オーストラリアの外務・防衛閣僚協議(2プラス2)の共同声明に対し「他国の主権を尊重し、内政干渉しないよう促す」と述べ、反発した。南シナ海の諸島や沖縄県・尖閣諸島に「争う余地のない主権がある」とも主張した。

共同声明が言及した新疆ウイグル自治区での人権侵害と、香港の民主派抑圧に関し「外国の干渉は許さない」と強調。日本とオーストラリアが「いわゆる中国の脅威を言い立て、中国に悪意ある中傷と攻撃をしている」と批判した。(共同)