大坂なおみの記者会見拒否は問題提起か職務放棄か

女子テニスの大坂なおみ(23)=日清食品=が四大大会の全仏オープン開幕直前に試合後の記者会見を拒否した問題は、大坂が鬱に苦しんできたことを打ち明けた上で大会を途中棄権する形になった。大坂の行動について、当初は会見への出席は選手に課せられた義務だとして批判的な意見が大勢を占めたが、「鬱」告白後はアスリートのメンタルヘルスについての問題提起との受け止めもある。大坂が投じた一石は、賛否両論を呼びながら大きな波紋を広げている。

「心が無視されている」

発端は全仏オープン開幕3日前の5月27日、大坂の突然のツイッターへの書き込みだった。「記者会見ではアスリートの心の健康状態が無視されていると感じていました。自分を疑うような人の前には出たくありません」。試合後に行われる会見に応じない意向を表明するとともに、理由として特に敗戦後には精神的負担が大きいことを挙げた。

テニスの大会では、選手は勝敗にかかわらず会見に応じるのが慣例。四大大会の場合、負傷時などを除き会見に出席しなければならないとルールブックに明記されており、違反すれば罰金の対象となる。

全仏オープンを主催するフランス連盟の会長は特例を認めまいと「記者、彼女(大坂)個人、テニス界全体にとって残念。大いなる過ちだと思う」とすぐさま批判。主だった選手も大坂の心情に理解は示しながらも、「メディア対応は選手としての責任」と同調する動きは広がらなかった。

大坂が30日、1回戦に勝った後、予告通り会見を拒むと、大会側は罰金1万5千ドル(約165万円)を通告。さらに四大大会の主催者は共同で、今後も会見ボイコットが続けば全仏オープンは失格、他の四大大会は出場停止となる可能性を通告する声明を発表した。

「告白」のインパクト

四面楚歌に見えた大坂だが、風向きが変わったのはまたもツイッターでの発信だった。31日、全仏オープン2回戦を棄権する意向を明らかにするとともに、四大大会を初めて制した2018年の全米オープン以降、鬱に悩まされてきたことを告白。会見を拒んだ理由を「メディアに向けて話すことに不安を感じていて、自分を守るためにやめたほうがいいと考えた」と説明した。

大坂は昨年の全米オープンでは人種差別反対運動に賛同し、試合ごとに黒人の被害者名が入ったマスクを着用。米誌タイムによる「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるなど、一テニスプレーヤーにとどまらず社会的な発信力を強めていた。会員制交流サイト(SNS)での情報発信にも積極的で、ツイッターのフォロワーは100万人を超える。

一方で、ファンに向けて自由に発信できるSNSとは異なり、自身を「内向的」というように記者会見は得意ではない。18年の全米オープンでは地元のセリーナ・ウィリアムズ(39)=米国=を破って優勝した後のスピーチで「こんな結果になってごめんなさい」と涙を浮かべた。19年のウィンブルドン選手権では初戦敗退後、会見を5分足らずで打ち切ったこともあった。

会員限定記事会員サービス詳細