北京春秋

中国では難しい「本格居酒屋」

出張や旅行で中国各地に行った際に、特色のある地元料理を食べるのは楽しみの一つだが、日本料理店に足を運ぶのも面白いものだ。鉄火巻きにマヨネーズを乗せたような独自の進化を遂げたメニューに出合うことがあれば、日本人がいないような地方都市で意外にも本格的な料理が出てきて驚くこともある。

同じような趣味を持った人はいるもので、ある日本人外交官は「唐揚げを食べれば、その店の実力が分かる」と断言していた。

先日、内陸部の貴州省貴陽を訪れた際に、「京都料理」と看板に掲げた店に入った。出てきた料理はまったく「京風」ではなかったが、唐揚げや焼魚は満足できる味で、接客態度も良い。女性店員に話を聞くと「地元の日本人客は1人だけ」ということだった。

中国でも日本食への関心は高く、北京にも多くの日本料理店がある。先日訪れた店の女性店主は「日本の居酒屋のような酒のつまみを出す店にしたいが、中国人客には理解してもらえない」と愚痴っていた。すし、刺し身、天ぷら、焼鳥といった定番メニューがそろっていないと、来店客から「日本料理店なのになぜないんだ」と文句を言われることが多いそうだ。

女性店主は「居酒屋にすしはないのに」と、本格派を貫く難しさを吐露していた。(三塚聖平)