ブレーキ利かず7キロ走行 JR北海道の保線車両 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ブレーキ利かず7キロ走行 JR北海道の保線車両

JR北海道は8日、函館線七飯―大沼間で、保線用車両(3両編成)が、ブレーキが利かないまま約7キロ走行したと発表した。深夜で通常の列車は運行を終えており、けが人はなかった。

JR北海道によると、7日午後11時50分ごろ、砕石を補充するため現場に向かう途中、ブレーキが利かなくなり、下り坂を約7分間、走行した。推定で最高時速約80キロに達し、深夜の作業中に車や人の進入を防ぐ監視員を配置していない踏切2カ所と、二つの駅を通り越した。車との接触はなかった。

同社は「住民や関係者に大変なご迷惑とご心配をかけ、深くおわび申し上げます」とコメント、原因を調べている。