北海道が「ワクチン接種センター」 札幌に19日開設 - 産経ニュース

メインコンテンツ

北海道が「ワクチン接種センター」 札幌に19日開設

高齢者向けワクチン集団接種会場について説明する北海道の鈴木直道知事=8日午前11時半ごろ、道庁(坂本隆浩撮影)
高齢者向けワクチン集団接種会場について説明する北海道の鈴木直道知事=8日午前11時半ごろ、道庁(坂本隆浩撮影)

新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンについて、北海道は8日、札幌市内のホテルに集団接種会場「北海道ワクチン接種センター」を設置し、19日から集団接種を始めると発表した。鈴木直道知事が明らかにした。米国のモデルナ社製ワクチンを使い、1日当たり最大1千人に対応。7月末までに2万人(接種回数4万回)の接種を目指す。

接種センターは、札幌市厚別区の宿泊施設「ホテルエミシア札幌」の宴会場などを使用。対象は、感染率の高止まりが続く札幌、江別、恵庭、千歳の4市の市民で、接種予約券を受け取っている65歳以上の人とする。14日から道のホームページで予約受け付けを始めるが、「ネットに不慣れな高齢者も多いため民間事業者と連携した予約サポートも検討中」(感染症対策局)とし、支援体制の整備も進める。

道は5月中旬から高齢者向け集団接種会場の設置準備を進めており、道医師会や道看護協会などの協力を得て、市町村のワクチン接種に影響を与えない形で人材確保が進んだという。センターでは1日当たり4、5人の医師と約20人の看護師らが対応する。

鈴木知事は報道陣の取材に対し「センター設置を踏まえてワクチン接種を加速させたい」と述べた。