金融庁、SBI子会社に業務停止命令 金商法違反で1カ月

金融庁の入る中央合同庁舎=東京都千代田区
金融庁の入る中央合同庁舎=東京都千代田区

金融庁は8日、インターネット金融大手SBIホールディングス(HD)子会社のSBIソーシャルレンディング(SL)に対し、1カ月間の業務停止命令を出したと発表した。太陽光発電施設などをめぐる投資案件の説明に虚偽があったとして、金融商品取引法に違反する行為と認定した。

命令の対象は金融商品の取引に関わる全業務で、期間は8日から7月7日まで。この間、投資家保護に万全の措置を講じるとともに、再発防止策について改善計画の提出を求めた。

SBISLはインターネットを通じて投資家から集めた資金をエネルギー関連企業などに融資し、収益を投資家に還元するサービスを手掛けてきた。

しかし、2月に虚偽説明が発覚し、SBIが設置した第三者委員会が調査を開始。4月にまとめた報告書によると、SBISLが投資家から集めた129億円が計画通りに使われず、工事の大幅な遅れが相次いだことも明らかになった。SBISLは顧客の投資家に対し、出資した元本相当の金額を返却する方針。5月にはSBISLの廃業と事業撤退を公表している。

会員限定記事会員サービス詳細