三菱UFJ銀のATMで障害、カードや通帳戻らず、現在も一部停止中

三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は8日、一部のATM(現金自動預払機)が利用できなくなり、キャッシュカードや通帳が取り込まれる障害が発生したと発表した。

同行によると、8日午前9時55分ごろから午前10時5分ごろにかけ障害が発生した。停止したATMは関東などの207台で、今後の確認作業で最大276台になる可能性がある。取引途中でキャッシュカードや通帳が戻らない例が103件起きた。

8日午後7時すぎまで一部のATMが利用できない状態が続いた。

同行はATMのサーバーと、ATM端末をつなぐソフトウェアで不具合が起きたとしており、詳しい原因を調査している。

同様のATM障害は、みずほ銀行で2月に発生しており、ATMの約8割が一時停止する事態となった。