大飯原発控訴審 国側「1審判決は誤認」と主張 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大飯原発控訴審 国側「1審判決は誤認」と主張

関西電力の大飯原子力発電所
関西電力の大飯原子力発電所

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐり、周辺住民らが国に設置許可の取り消しを求めた訴訟の控訴審の第1回口頭弁論が8日、大阪高裁(大島真一裁判長)で開かれた。国側は「地震学や地震工学の一般的な知見に基づいて原子力規制委員会の審査は行われている」として、設置許可を取り消した昨年12月の大阪地裁判決は誤りだと主張し、取り消しを求めた。

1審判決は原発の耐震設計の目安となる基準地震動に関し、規制委が内規の審査ガイドの記載に反して、過去データの「ばらつき」を考慮せず平均値のみで計算し数値の上乗せの必要性を検討しなかったと指摘。審査に「看過しがたい過誤や欠落がある」とした。判決が確定するまで、取り消しの効力は発生しない。

国側は控訴理由書などで、「ガイドの記載に『数値の上乗せの検討を求める積極的な意味が込められている』とした1審判決は明らかな誤認がある」などと主張。

対する住民側は、1審判決は妥当だとして維持を訴えた。