日本が強さ誇る男子66キロ級と女子52キロ級 世界柔道で連続頂点 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本が強さ誇る男子66キロ級と女子52キロ級 世界柔道で連続頂点

女子52キロ級決勝 アナ・ペレスボクス(左)を破り、優勝した志々目愛=ブダペスト(ゲッティ=共同)
女子52キロ級決勝 アナ・ペレスボクス(左)を破り、優勝した志々目愛=ブダペスト(ゲッティ=共同)

第2日の男女2階級は「お家芸」が変わらぬ強さを誇示。男子66キロ級は2017年から4大会連続、女子52キロ級は15年から5大会連続で日本勢が頂点をキープした。

男子66キロ級は17年から阿部一、19年からは丸山がそれぞれ2連覇を達成。女子は15年に中村美里(三井住友海上)、17年に志々目、18年からは阿部詩(日体大)が2連覇し、今大会で志々目が女王の座を奪還した。

ただ女子52キロ級は不思議と五輪で日本勢の金メダルとは無縁。7月下旬開幕の東京五輪では阿部詩に大きな期待が懸かる。(共同)