世界の論点

ベラルーシ「旅客機強制着陸」

ベラルーシの首都ミンスクに強制着陸させられたアイルランドの旅客機(ロイター)
ベラルーシの首都ミンスクに強制着陸させられたアイルランドの旅客機(ロイター)

ギリシャの首都アテネからリトアニアの首都ビリニュスに向かっていた旅客機が5月23日、ベラルーシ政府により首都ミンスクへ強制着陸させられた。ベラルーシ治安当局は搭乗していた同国の反体制派ジャーナリスト、プロタセビッチ氏を拘束。欧米諸国が批判を強める中、フランス紙は、国際秩序を守るため厳しい制裁の必要性を訴える。ベラルーシのルカシェンコ政権を擁護するロシアでは、欧米の非難の矛先が自国に向くことを警戒する意見が出ている。

フランス

ランキング

  1. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  2. 【社説検証】日米2プラス2 朝日は「軍事偏重に不安」 産読「中国に対抗を評価」

  3. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  4. 【産経抄】1月19日

  5. 【浪速風】小説顔負けのスパイ疑惑

  6. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  7. 【主張】みずほ新体制 悪しき企業風土に決別を

  8. 【話の肖像画】作家・宮本輝(4)最新作のモチーフは少年時代の富山

  9. 【主張】噴火と津波情報 検証を重ねて次に生かせ

  10. 【正論】「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保