元徴用工訴訟 加藤長官、懸案解決に韓国側の責任強調 - 産経ニュース

メインコンテンツ

元徴用工訴訟 加藤長官、懸案解決に韓国側の責任強調

会見に臨む加藤勝信官房長官=7日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=7日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は7日午後の記者会見で、いわゆる徴用工訴訟で韓国のソウル中央地裁が同日、訴えを却下したことに関し、引き続き動向を注視していく考えを示した。判決への評価は避けた。

加藤氏は、日韓関係は徴用工訴訟や慰安婦問題などをめぐる韓国政府の対応が原因で非常に厳しい状況にあると指摘し、「両国間の懸案の解決のため、韓国が責任を持って対応していくことが重要だ。懸案の解決のための韓国からの具体的提案を注視している」と述べた。